【果林生誕祭記念?SS】果林「今日は来てくれてありがとう」エマ「では、ラップバトルを!」姫乃「しませんよ?」【ラップ注意】

1 :名無しで叶える物語:2021/06/29(火) 23:15:13.30 ID:nzr7UwaE.net
6/29は朝香果林さんの誕生日ということで書きます

注意
※例のマイクがある設定です

※今までにも増してキャラ崩壊気味です

※一部キャラディス要素を含みます。キャラディスが苦手な方、キャラ同士のディスが苦手な人にはおすすめできません

※この話における「スイス」はスイス連邦のことではありません。スイス連邦を誹謗中傷する意図はまったくありません

※ラップ部分は各自いい感じのリズムで読んでもらえると助かります

※時期とか設定とかぐちゃぐちゃです

115 :名無しで叶える物語:2021/07/01(木) 00:52:13.73 ID:qFR3cEDu.net

姫乃「…………」

姫乃「………………………ははっ」

姫乃「クソがアアアアアアア!打てるもんなら打ってみろや!!!」

姫乃「日本の力、甘くみるな…」ヒューン

姫乃「バッターボックスにぶち転がしてあげますよ!スイスうううううううう!」

96 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 23:44:29.52 ID:gi9U1wiU.net

エマ「口上?」

エマ「あ、なるほど…うん…」

エマ「面白いよ…姫乃ちゃんは本当に」

エマ「はは…そうだね」

エマ「こんなの、初めてかな」

🦒🦒🦒🦒🦒🦒🦒🦒🦒🦒🦒

かすみ「エマ先輩が…」

しずく「いきなり崩れ落ちた?」

璃奈「どういうこと?」

🦒🦒🦒🦒🦒🦒🦒🦒🦒🦒🦒🦒🦒

139 :名無しで叶える物語:2021/07/02(金) 00:08:34.40 ID:zl5m4jJ1.net

栞子「否定ができないのは辛いところね」

栞子「でも、ここは、あなたの居ていい場所じゃない」

エマ?「おや?私がどうこうの前にすでにおかしな設定が入り込んでいた気もしますがね」

エマ?「スクールアイドルって、ラップするんですか?」

栞子「ま、たしかにそう…私たちみたいなのが出たところでいまさらどうでもないってはその通り」

栞子「だから単純に、クロスオーバーにさらにクロスオーバーしてごった煮にするのはやめろって言ってるの」

栞子「鍋にチーズケーキ放り込むみたいな悪趣味な話はやめろって言ってるの!」

エマ「そうですか、でも…」

エマ「この状況で何をしても無意味なのは、あなたが一番わかってるはずでは?」

138 :名無しで叶える物語:2021/07/02(金) 00:04:30.05 ID:zl5m4jJ1.net

エマ?「なるほど、あなたのような付き合いの深い方には『わかります』か?」

エマ?「誤解しないでください。私はエマさんの望みを叶えてるだけですよ?私はあくまでも見守るだけ、ほんの一瞬、体を借りるくらいはしますが」

栞子「なにが…見守るだけだ!」

エマ?「…口調、変わってますよ?」

栞子「まさにお前が言うなってやつかな?それ…」

栞子「まったく、誰かさんの真似までして…いつからあなたは演じる側になったのかしら?」

エマ?「いえ、あれは私ではなくエマさんです。どうもあなたのキラめきと相性がバナナイスだったせいで影響が出てしまったようで」

2 :名無しで叶える物語:2021/06/29(火) 23:17:39.02 ID:H2g/et2e.net

原作一切関係無いキャラ崩壊の方注意しろよ

47 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 02:46:00.83 ID:gi9U1wiU.net

愛「おー、キレッキレだ」

エマ「むー、わたしは日本人じゃないよ?」

愛「……あ!」💡

愛「ごめんごめん、姫乃ちゃんがそんな怒るとは思わなくてさ」

愛「ただ、こう見えても愛さんは人情には熱いんだ」

愛「だからそんなカッターみたいにキレなくても」

愛「『わカッターよ』なんつって」

姫乃「や…」

愛「や?」

62 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 22:07:56.10 ID:gi9U1wiU.net

エマ「それに姫乃ちゃんは『こんなの私じゃない』っていってたけど…」

エマ「わたしはそうは思わない、それだけは言わせてほしい」

エマ「ていうか悩みがあるならラップしてスッキリしようよ!」

エマ「わたし、姫乃ちゃんともっともっとラップをしたいもん!」

姫乃「スイス…」

姫乃「まったく…結局私の気持ちなんて無視して自分優先じゃないですか」

姫乃(ああ、なるほど…思い出してしまいましたよ)

姫乃「ふっ、ふふっ…」

24 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 00:25:12.70 ID:gi9U1wiU.net

【遥】
ハルカカナタ二人の願い事
塗るな二度と保身で臭い泥
あなたの世迷言、に対し今言おう
近江姉妹は屈しないこと

あなたのどこが藤黄のエース?
下劣な性根にゃ昏倒です
生きる価値もなしGO TO HELL
来世は虫かな 幼虫DAYS

※世迷言←よまいごと

35 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 00:59:50.43 ID:gi9U1wiU.net

かすみ「…というか、しお子っていつ入部してきたっけ?」

しずく「エマさんとか姫乃さんの誕生日の時にはいたような、いなかったような」

栞子「なんというか、なぜ今更…といったのが正直なところでして」

璃奈「そこは少し込み入った話になるから、あまり触れない方がいい」

かすみ「込み入った話?」

璃奈「…よくわからないけど、そんな気はする」

169 :名無しで叶える物語:2021/07/02(金) 03:11:18.26 ID:zl5m4jJ1.net

『急造カーテンコール〜レペゼンオダイバ〜』

♪〜チャララランランチャララ、チャララランランチャラララ

姫乃「なんです?このイントロは」

栞子「なぜか実家のような安心感があります」

せつ菜「その感覚、私もなんとなくわかります!」

しずく「歌うしかありませんね」

果林「あら?今日の主役が誰か忘れてない?」

彼方「果林ちゃんの誕生日なのに、ほとんどエマちゃんと姫乃ちゃんだったね」

璃奈「無理もない、そもそもこのシリーズ自体がエマさんと姫乃さんメインだったりするし」

愛「メタ発言するのはやめたれ!なんつって!」

遥「あ、あの…私と姫乃さんのバトルは?」

海未「その、いきなり呼ばれたのですが…」

理亞「なんなのよ…」

侑「海未ちゃん!理亞ちゃん!間に合って良かった!」

歩夢「侑ちゃん!?」

エマ「さあ歌おう、みんなで!」

170 :名無しで叶える物語:2021/07/02(金) 03:13:25.06 ID:zl5m4jJ1.net

エンディングテーマ
『ラップ少女心得』(原曲『舞台少女心得』)

しゃんとフレーズ飛ばして
凛とバイブスアゲて
今日もアンセムに湧くパンチライン

アンサー無駄に凛々しく
ヘイター鼻で笑って
ウェッサイのすべてに意味があるの

韻を踏み出すのよ
イルを忘れないで
フローは未知数
さあ、ヴァースを蹴飛ばせ!

私たちはラップ少女
生まれながらラップ少女
サビに乗せて 檄を飛ばし
激しく個を描く

私たちはラップ少女
手の中には常にマイク
メロをなぞって ノリは前へ
モタらないように

世界は私たちの
大きなディビジョンだから

さあ、飛び立とう この大空

174 :名無しで叶える物語:2021/07/02(金) 03:34:59.78 ID:zl5m4jJ1.net

>>172
蛇足に蛇足を重ねますが
2つ目はエマが歌ってます

160 :名無しで叶える物語:2021/07/02(金) 02:22:42.90 ID:zl5m4jJ1.net

『蛇足の終わり』

ドオオオオオン!

???「これは!」

ドオオオオオン!ドオオン!

???「おお!舞台が!自ら崩壊を始めている!」

姫乃「私たちの未来のために、自らを壊して”再演”を止める…」

エマ「ごめんね…わたしのわがままのせいで」

100 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 23:55:24.41 ID:gi9U1wiU.net

エマ「もしかしてだけど…こうやって斬ろうとしてるってことは…」

エマ「わたし、姫乃ちゃんのお友達なのかな?」

姫乃「は?それは…違います!友をもですよ!敵だけでなく、友も!あなたは敵で…」

エマ「そっか…ところで」

エマ「私、別に動けないわけじゃないよ?」

54 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 21:25:21.44 ID:gi9U1wiU.net

姫乃「くるな…くるな…はぁ…はぁ…」

エマ「姫乃ちゃん…」

ギュッ

姫乃「え…」

エマ「あのね、私…姫乃ちゃんに言わないといけないことがあるの」

姫乃「いわないと…いけない…こと?」

エマ「うん…」

45 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 02:12:29.95 ID:gi9U1wiU.net

果林「ほら姫乃ちゃん、遠慮しないでもっと寄って寄って」

姫乃「は…はい…」

姫乃(ああああああああ!果林さんが!果林さんがこんな至近距離に)

エマ「私、ちゃんと写ってるかな?」

愛「くっきりはっきりいけてるよ!…はい、チーズ!」

パシャ

果林「あら、よく撮れてるじゃない。どうかしら?姫乃ちゃん」

姫乃「………」

エマ「うーん、夢のような一枚だよ」

姫乃「……………」

13 :名無しで叶える物語:2021/06/29(火) 23:56:57.49 ID:nzr7UwaE.net

姫乃(……………)

姫乃(きた!)

姫乃(きたきたきたきたきた!きましたああああ!)

姫乃(確認するまでもないです!その日は完全フリーです!当たり前じゃないですか!!だってその日は)

姫乃「……ふぅ」

姫乃「大丈夫です。空いてますよ」

姫乃「あ、思い出しました。確かその日は」

68 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 22:12:59.65 ID:gi9U1wiU.net

ここまで読んでいただきありがとうございました

果林誕に向けて何か書こうと思い、短いながらも一本書かせてもらいました

もの足りない人もいるかと思いますが、この話はこれで終わりです
ハッピーエンドです

繰り返しになりますが、ここまで読んでいただきありがとうございました

140 :名無しで叶える物語:2021/07/02(金) 00:13:57.16 ID:zl5m4jJ1.net

『幕間(發)・白の中に赤丸を置けばなんとなく日本っぽくなる』

姫乃「さっきからごちゃごちゃと…」

姫乃「要はあなたはスイスじゃないけど、スイスの意志で動いてるってことですよね!」

姫乃「だったら、やることは一つです」

エマ?「何をするつもりでしょうか?」

姫乃「いつも通りですよ…」

姫乃「おい、スイス!相変わらず肝心なところで馬鹿なんですね!」

エマ?「ほう…馬鹿と」

エマ?「私…馬でも鹿でもないんですがね。なんちゃって」

14 :名無しで叶える物語:2021/06/29(火) 23:58:47.83 ID:nzr7UwaE.net

姫乃「果林さんのお誕生日…で合ってますか?」

果林「あら?さすが姫乃ちゃんね」

姫乃「たまたまですよ。クラスの方々が話してまして」

姫乃(さすひめ!さすひめいただきました!!光栄の極みです!)

姫乃(ですが、一つだけ言わせてもらうなら…この綾小路姫乃が果林さんのお誕生日を忘れるなどありえないです!クラスの方々に布教するほどの果林さんファンの私が果林さんの誕生日を忘れるなどと、みくびらないでほしいですねっ!)

果林「その…姫乃ちゃんの誕生日の時、いろいろあったじゃない?」

姫乃「はい、そうでしたね…」

79 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 22:53:32.39 ID:gi9U1wiU.net

🦒🦒🦒🦒🦒🦒🦒🦒🦒🦒🦒

姫乃「なるほど、これがキラめき」

姫乃「自然と口上が出てしまいましたよ…」

姫乃「それに…この溢れんばかりの力」

姫乃「…これは勝てそうな気がします!」

エマ「それはどうかな!」

パアアアアアアアア!

姫乃「このキラメキ…まさか、スイスも…」

せつ菜「わかります!わかります!!」

143 :名無しで叶える物語:2021/07/02(金) 00:21:04.89 ID:zl5m4jJ1.net

バキッ…バキッ…

シュウウウウウウ…

???「ちょっと!何をする気です!」

姫乃「なんです…これ?」

姫乃(スイスの体から何かもやのようなものが出てきている?)

???「あ、ああ…」

???「エマ・ヴェルデさん…あなた、私を?まさか力ずくで、この私を引き離すつもりですか…」

49 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 02:49:15.41 ID:gi9U1wiU.net

エマ「姫乃ちゃん?」

愛「いや、これは韻というかダジャレ」

姫乃「根本は一緒じゃないですかああああ!」

姫乃「『あ、”カッター”と”わかった”もいいけど、”勝った”とか”叱った”とか応用もききそうだな!』とか思っちゃいましたよ!」

姫乃「いやだ、いやだ…こんなの…」

姫乃「こんなの…綾小路姫乃じゃないです…」

姫乃「私はもっと、貞淑で静粛で成熟した…はっ!」

姫乃「…………」

姫乃「うあああああああああ!」ダッ

愛「ちょっと、姫乃ちゃん!」

果林「行っちゃった…わね」

60 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 21:45:08.56 ID:gi9U1wiU.net

エマ「あのね…さっきのは私が姫乃ちゃんに言わないといけないことだったけど、私が姫乃ちゃんに言いたいこともあるんだ」

姫乃「え?」

エマ「私、姫乃ちゃんのラップが大好き」

姫乃「私の…ラップ?」

エマ「うん、凛々しくて力強くて、でもどこか儚い…相手への厳しさの裏で自分にはもっと厳しい」

エマ「不器用だけど一心不乱に戦おうとする、決してあきらめない、そんな姫乃ちゃんのラップが大好きだよ」

42 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 01:58:19.63 ID:gi9U1wiU.net

果林「えっと…そう!近い道を選ぶことが正解ではないのよ!あえて遠回りをすることも必要なの」

姫乃「深いですね」

果林「でも、そうね!姫乃ちゃんを付き合わせるのも悪いから、今回は近い方から行きましょう」

姫乃「お気遣いありがとうございます」

果林「そうだわ!部室に帰ったら一緒に写真撮りましょう!」

姫乃「写真!果林さんと写真!ありがとうございます!」

43 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 02:00:43.32 ID:gi9U1wiU.net

〜同好会部室〜

姫乃「ふふ…部室に到着ですよ」

姫乃「果林さん、撮りましょう!果林さんと私の記念すべきバースデーショットを!」

姫乃「許されるのならば私の手で果林さんのあんな写真やこんな写真も!」

果林「やっと、帰ってこられたわ…」

姫乃「あの、やっと…とは?」

57 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 21:41:11.41 ID:gi9U1wiU.net

姫乃「いつの間にか…私、ラップするの癖になっちゃって…」

エマ「うんうん、よしよし…」

姫乃「気づいたら毎日毎日、頭の中でラップしたり面白い韻を見つけて嬉しくなっちゃったり」

エマ「わたしもわかるよ、その気持ち」

姫乃「でも、自分が変わっていくのがこわくて、本当の私はこんなんじゃないって…」

37 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 01:12:31.73 ID:gi9U1wiU.net

姫乃「ラップへの…大好き?」

せつ菜「はい!エマさんと果林さんから色々聞いてますよ!」

せつ菜「できれば一戦、お願いしたいところです」ヒューン!

姫乃「あ、その…」

姫乃「今はちょっと…遠慮したいですね」

せつ菜「そうですか…残念です!」

姫乃「その…少し席を外してもよろしいですか?」

せつ菜「あ、すみません!…気が利かずに」

172 :名無しで叶える物語:2021/07/02(金) 03:18:49.22 ID:zl5m4jJ1.net

姫乃「私たちはラップ少女〜」

姫乃「生まれながらラップ少女〜」

歩夢「サビに乗せて 檄を飛ばし」
せつ菜「激しく!個を描く!!」

愛「私たちはラップ少女」
果林「未完成のラップ少女」

彼方「どんな時も胸を張るの」
遥「リリック刻むから」

かすみ「私たちはラップ少女」
しずく「手の中には常にマイク」
璃奈「メロをなぞって ノリは前へ」
栞子「モタらないように」

海未「世界は私たちを」
理亞「ずっと待っていたの」

侑「世界は私たちの」
一同「大きなディビジョンだから」

〜蛇足・完〜

166 :名無しで叶える物語:2021/07/02(金) 02:41:52.73 ID:zl5m4jJ1.net

姫乃「ですが…」

姫乃「敵とはわかりあえぬという道理もないでしょう?」

エマ「姫乃ちゃん…!」

姫乃「私たちラッパーは、戦いの中でしか己を確かめられない」

姫乃「それは裏を返せば…戦う相手こそが自己を証明してくれる存在ということ!」

エマ「私がいるから姫乃ちゃんがいて、姫乃ちゃんがいるから私がいる」

姫乃「これからもぶちのめしてあげますから覚悟してください…エマ・ヴェルデさん!」

12 :名無しで叶える物語:2021/06/29(火) 23:55:52.65 ID:nzr7UwaE.net

姫乃「ですが…果林さんにそこまで評価していただいているのはうれしいですね」

姫乃「それに、私もスクールアイドルとして頂点を目指す者のひとり。たとえ果林さんでもパフォーマンスでは負けたくないという気持ちも正直あります」

果林「あ、そういえば姫乃ちゃん。ちょっとききたい事があるのだけど」

姫乃「はいっ!なんでしょう!」

果林「えっと、来週の火曜日の夕方からって空いてる?」

姫乃「来週の火曜日といいますと、29日ですか?」

姫乃「確認してみますね」

姫乃「えーっと…」

11 :名無しで叶える物語:2021/06/29(火) 23:54:45.29 ID:nzr7UwaE.net

〜回想〜

姫乃「果林さん、本日は藤黄のライブのためにお越しいただいてありがとうございました」

果林「そんなにかしこまらないで。私と姫乃ちゃんの仲じゃない」

姫乃「果林さんと…私の仲っ!!もったいないお言葉です!」

果林「それにしてもさすが藤黄ね。一人一人の動きが噛み合って、見るものを圧倒していた…チームの力を感じたステージだったわ」

果林「姫乃ちゃんの実力もしっかり見させてもらったしね。さすが藤黄のエースかしら?」

姫乃「そ、そんな…私なんて果林さんと比べたらまだまだですよ」

153 :名無しで叶える物語:2021/07/02(金) 01:16:20.61 ID:zl5m4jJ1.net

【姫乃】
「あの日の舞台をまた見たい」か?
理解も及ばぬ馬鹿みたいだ
次代を否定し浮かれて怠惰
次第に溺れて水死体だ

【エマ】
エマ・ヴェルデちゃんがヘタ打って
何度も何度も夢見た風景
なんかどうでもいいかな、以上
さあ、スーパースター!!をみんなで見よう

91 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 23:30:29.97 ID:gi9U1wiU.net

遥「いえ、それどころか」

愛「姫乃ちゃんが」

璃奈「…いない?」

歩夢「なんで?どういうこと?」

せつ菜「そういうことですか!エマさんは…」

エマ「大したことはしてないよ?私の拳圧で爆発ごと吹き飛ばしただけ」

エマ「それが姫乃ちゃんの方にいっちゃったのは不幸な事故ってことで許してね」

かすみ「おおおお!」

璃奈「ICBMを防いだたばかりか…」

しずく「その余波で姫乃さんを攻撃した!」

142 :名無しで叶える物語:2021/07/02(金) 00:18:28.61 ID:zl5m4jJ1.net

エマ?「………」

姫乃「あ、スイスだから日本語はダメでした?そうですよね、だってスイスはスイスなんですから」

エマ「………は、はは」

エマ「はは…ははは…これはどういうことかな?」

エマ「おかしいな?前回までの姫乃ちゃんはさ…こんなこと言わなかったよ?」

エマ「それに、弱虫とか腰抜けとか負け犬とか」

エマ「わたし、我慢強い方だけど」

エマ「かちーーーんって…きちゃったな!」

83 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 23:02:53.05 ID:gi9U1wiU.net

🦒🦒🦒🦒幕間(虚)🦒🦒🦒🦒🦒

せつ菜「いいですね…ええ、これほどまでのキラめきはそうそうない!!」

せつ菜「では、頑張ってくださいね。ご健闘を祈っています」

ヒュン……

栞子「え?せつ菜さんが…消えた?」

せつ菜「栞子さーーーん!!無事でしたか!?」

栞子「せつ菜さん?あの、さっきのは?」

せつ菜「…さっき、とは?」

栞子「え?」

せつ菜「あ、部室にいた人は私を含めて無事です!栞子さんの無事も確認できたのでこれで全員ですね!!」

🦒🦒🦒🦒🦒🦒🦒🦒🦒🦒

101 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 23:56:44.17 ID:gi9U1wiU.net

姫乃「へ?」

ドンッ!

姫乃「ぐふっ!」

姫乃(パンチ、みぞおちを的確に…)

エマ「すごく動きにくいし、さっきまではギリギリ動けるかなってくらいだったけどね」

エマ「姫乃ちゃんとおしゃべりしたら元気出ちゃった!」

姫乃「このっ、スイ…」

姫乃(動きにくくてこれですか…)

エマ「もう一回、飛ぼうか?」

エマ「エマ・ヴェルデ、いきます!」

73 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 22:24:01.23 ID:gi9U1wiU.net

姫乃「何を言っているのか理解できませんね」

姫乃「ですが、そうですね…私は所詮ラップにとらわれた愚か者です」

姫乃「ならば、この先へと進み、愚者としてあなたを倒します。スイス!」

パアアアアアアアア!

姫乃「私の全身全霊をかけてあなたにぶつかる!」

エマ「そっか、やっと素直になれたんだね…」

姫乃「目が覚ましたよ!私もあなたも戦わずにはいられない」

エマ「そうだよ、わたしも姫乃ちゃんも燃え尽きるまで戦い続けるのが宿命」

エマ・姫乃「「だからこそ、このフレーズに命をかけるっっ!!!!」」

64 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 22:09:33.99 ID:gi9U1wiU.net

姫乃「はは…はははは…」

姫乃「本当に、本当にくだらない」

姫乃「くだらなすぎて腹立たしいですよ…」

姫乃「要は私もただのラップ馬鹿って話じゃないですか?あー、くだらない!」

姫乃「感謝しますよ、スイス!あなたのおかげで…こんなどうでもいい真実にたどりつけた!」

80 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 22:56:17.00 ID:gi9U1wiU.net

🦒シーン番号⬜︎(不明)🦒
🦒エマ・覚醒名乗り🦒

『心と心が重なりあえば』

『「ボーノ」がつながり笑顔になれる』

『月夜(つくよ)の暗がりこときれようとも』

『つないだこの手は切れはしない』

『虹ヶ咲学園3年、エマ・ヴェルデ!』

『やんちゃな子にはおしおきだよ』

145 :名無しで叶える物語:2021/07/02(金) 00:24:25.20 ID:zl5m4jJ1.net

???「はは…一度願った再演をどうにかできるとでも?」

???「再演の準備が始まった以上、もうあなたにも私にも止められませんよ」

姫乃(もやが集まっていく…)

姫乃(首が長くて、まだらの模様があって、まるで…)

???「もう一周していただくしかない…」

???「それが、ルールというものです!!」

89 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 23:25:58.66 ID:gi9U1wiU.net

>>86
【エマ】
眩しい二人が掲げた誓い
再び登る運命(さだめ)の舞台
でも出てくる言葉はオマージュくらい?
そんなんじゃひかりに届かない

「果林」って呼び捨てアピールしたい?
発想が小学生みたい
周りの目なんかてんで顧みない
その発想がすでに痛い

55 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 21:38:30.87 ID:gi9U1wiU.net

エマ「ごめんなさい…あんなに必死に叫んでたのに、ずっと勘違いしてた」

エマ「わたし、姫乃ちゃんはただ純粋にラップが大好きな子なんだって思い込んで、向き合ってこなかった」

姫乃「スイス…」

エマ「姫乃ちゃんは姫乃ちゃんのやり方でずっとラップバトルを頑張ってきたんだね」

エマ「ずっと、私たちに伝えてたんだ…『本当の私を見て』って…」

21 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 00:17:55.12 ID:gi9U1wiU.net

姫乃「果林さんから聞いています。自らはもちろん…妹、遥さんがスクールアイドルを続けられるようにバイト、学業、家事と八面六臂の活躍」

姫乃「まさに、姉の理想像です」

遥「まあ…そうですね」

姫乃「そんなお姉さんが誘ってくれた果林さんの誕生日、良い日にしたいですね」

遥「……」

姫乃「私が何を言いたいか、わかりますよね?」

遥「今見たものは忘れてほしいと」

74 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 22:27:26.15 ID:gi9U1wiU.net

ラップは必ず次のフレーズへ

ではバトルは?

私たちは?

エマ「そんなの…」

姫乃「知るかあああああ!!!」

せつ菜「いいです!!!あなたがたの溢れんばかりのキラめきが!この物語を作りかえる!!」

栞子「これが、ラップ少女…」

栞子「なんて…眩しいの…」

105 :名無しで叶える物語:2021/07/01(木) 00:19:50.90 ID:qFR3cEDu.net

ドオオオオオオン!

姫乃「ぐっ」

姫乃「たああああああああ!」

🦒🦒🦒姫乃・逆噴射🦒🦒🦒

🦒🦒🦒🦒成功!🦒🦒🦒🦒

エマ「……」

エマ「…はははっ!自分のラップの爆発で帰ってくるって、すごいね姫乃ちゃん!」

エマ「それに…この土壇場で”それ”をやるんだ!」

エマ「いいよ!いいよ!姫乃ちゃん!」

88 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 23:23:33.21 ID:gi9U1wiU.net

『蛇足3・エマがいなかったら姫乃がニジガクメンバーだった説』

彼方「至近距離であんなのくらったら、いくらエマちゃんでもひとたまりもないんだぜ」

果林「この殺意、今までの姫乃ちゃんとは段違いね…」

エマ「ふふ……姫乃ちゃん、のってるね」

エマ「本当、調子にのっちゃってるね」

ゴゴゴゴゴオオオオオオ

エマ「でもね、私も今までにないくらい絶好調なんだよ」

エマ「さて、どう返そうかな?」

141 :名無しで叶える物語:2021/07/02(金) 00:16:13.79 ID:zl5m4jJ1.net

姫乃「わけのわからないお前には言ってないです!スイスに言ってるんですよ!」

姫乃「スイス、あなたは…満足できるんですか?」

姫乃「これから先、私は強くなりますよ!間違いなく、あなたなんか足元にも及ばないくらい!」

姫乃「そんな私に背中を向けて、やり直し?はっ!とんだ腰抜けですよ!」

姫乃「そんな腰抜けのラップかまして、あなたは満足なんですか?」

姫乃「答えなさい!弱虫で腰抜けの負け犬スイス!」

姫乃「国どころか過去に帰って、あなたはいったい何のためのラップをするんですか!?」

168 :名無しで叶える物語:2021/07/02(金) 02:50:00.34 ID:zl5m4jJ1.net

姫乃「確信犯ですか!なんだこの腹黒スイス!」

エマ「あ、確信犯っていうのは…」

姫乃「知った上でこの使い方をしてるんですよ!ていうか、あなたのせいでどれだけの苦労をしたか今一度話してあげましょうか?」

エマ「そういう過去の出来事を持ち出すのよくないと思うよ?」ヒューン

姫乃「構えましたね…マイクを…」

姫乃「いいですよ!第二ラウンドといきましょう!」ヒューン

遥「あの二人、真逆なのになんであんなに気が合うんでしょうか?」

果林「真逆だからじゃないかしら?」

遥「どういうことです?」

果林「真逆だから相手がどう動くかわかる、相手が間違った方向に進んでいるのがわかる」

果林「そういう関係なのよ、あの二人は」

65 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 22:10:15.69 ID:gi9U1wiU.net

エマ「ふふっ、どういたしまして」

エマ「で、お礼に何かしてくれるのかな?」

姫乃「はい、もちろんです」

姫乃「私は義理堅いことで定評のある綾小路姫乃ですよ?当然、礼は返します」

姫乃「あなたを…完膚なきまでに打ちのめすっていう形でね…」ヒューン

姫乃「くたばれスイスぅぅううううううううう!!!!」

エマ「お礼参りってやつかな?姫乃ちゃああああああああん!!!」ヒューン

25 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 00:26:04.02 ID:gi9U1wiU.net

ドオオオオオン!

姫乃「くっ!」

姫乃「なるほど…」

姫乃「穏やかな寝ぼけ顔の裏に激しいまでの熱情を秘めた近江彼方…その妹というだけある」

姫乃「ええ、相手にとって不足なし!」ヒューン!

エマ「ああああ!姫乃ちゃんがバトルしてる!!」

姫乃「は?」

95 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 23:42:27.63 ID:gi9U1wiU.net

『蛇足4・これ書き終わったらスクスタ28章でもやろうかな』

姫乃「さて、スイス…あなたはどうやら舞い上がってるようですが…」

エマ「ん?」

姫乃「先程の攻撃、あんな対処をしたくらいでどうにかなるとか思ってないですよね?」

エマ「あはは姫乃ちゃん」

エマ「何を言ってるかわからな…」

エマ「え?」

エマ「これ…なに」

ドサッ

姫乃「何が起こっているかわからないでしょう?」

姫乃「おかしいと思わなかったんですかね…」

姫乃「私の口上、ちゃんと聞いてましたか?」

18 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 00:08:14.28 ID:gi9U1wiU.net

姫乃「そのまま…バトルへ」

姫乃「最終的には両校のメンバーが見守る中、白熱の相打ち決着!」

姫乃「……」

姫乃「だめです!このままでは…私のイメージが、スイスとコントさながらにラップバトルを繰り広げるおもしろい人になってしまう」

姫乃「抑えるんです、綾小路姫乃…明日はスイスのどんな挑発にも耐えるんです!間違ってもマイクに手をかけてはいけません!」

姫乃「そうだ…マイクを持っていかなければ」

姫乃「………」

姫乃「いえ、どんな危険があるかわかりませんし、一応は持っていきましょう」

150 :名無しで叶える物語:2021/07/02(金) 01:02:43.17 ID:zl5m4jJ1.net

『幕間(終)・これは少女が過激にラップする物語』

姫乃「さて、小難しい話がありましたが」

姫乃「つまりは私たちのラップで舞台とやらを止めればいいのでしょう?」

姫乃「……まったく、なぜこのようなことに…」

姫乃「スイス、シンプルに『はい』か『いいえ』で答えてください」

姫乃「私とともにラップでこの状況を打開する意思はありますか?」

エマ「姫乃ちゃん!それって…」

エマ「私と、一緒にラップをしたいってことだよね!」

78 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 22:50:45.97 ID:gi9U1wiU.net

🦒シーン番号無し(欠番)🦒
🦒姫乃・覚醒名乗り🦒

『かよわき姫などただの贄』

『文(あや)無き定めを生きれる者は』

『友さえ斬れる者と知れ』

『藤黄学園2年、綾小路姫乃!』

『踏まれる石となるくらいなら…』

『意地で踏み行け、修羅の路(みち)』

52 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 21:22:10.38 ID:gi9U1wiU.net

〜部室棟・廊下〜

姫乃「いやだ…違う…私は…私は…」

ドンッ!

姫乃「あ…すみませ…」

栞子「いえ!こちらこそすみませ…」

姫乃・栞子「「ん?」」

姫乃「えっと、あなたは確か部室にいた…」

栞子「1年の三船栞子と申します。こうしてお話するのは初めてですね」

44 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 02:06:25.47 ID:gi9U1wiU.net

果林「えっと、写真撮りましょうか!…あ、愛!」

愛「ん?なになに?」

果林「シャッターお願いしていいかしら?」

愛「オッケーだよ。愛さんに任せて」

愛「はいはーい、スマイルスマイル!なんなら愛さんのダジャレ100発をお見舞いするよ!」

果林「気持ちだけありがたく受け取っておくわ」

愛「えー、遠慮なんてしないでえんりょ〜…なんちゃって」

90 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 23:27:02.32 ID:gi9U1wiU.net

エマ「えーーーーい!」

ドン!

愛「ICAMを…殴った!?」

ドオオオオオン!!!!

歩夢「そうだよ…そんなことしたら爆発…」

遥「いえ!よく見てください!エマさんは…無傷です!」

彼方「あれだけの爆発でなんで無傷なの?」

148 :名無しで叶える物語:2021/07/02(金) 00:58:49.66 ID:zl5m4jJ1.net

???「一度決めた再演を…続編の予定で上書きすると?そのような無茶………」

???「ふふふ…なるほど、なるほど!!!面白い!!!」

???「かつての再演を待ち望む観客に!その再演のラストシーンを夢見て集まった観客に!あろうことか、その先を見せつける!!なんとも愚かしい!」

姫乃「あの、盛り上がってるところ悪いのですが」

姫乃「つまり、どうにかなるのですね」

???「もちろん!」

???「既に準備を始めている舞台にまっさらな台本を突きつける無遠慮さと!演目の変更を押し通す熱意と!説得に足るだけの技量があなた達にあれば!!!」

116 :名無しで叶える物語:2021/07/01(木) 01:00:59.25 ID:qFR3cEDu.net

>>108
【姫乃】
人には運命(さだめ)の星がある
だが運命すら超えて這い上がーる
真っ赤に燃える王者の印
勇姿を記したその英雄史

純な心で向き合う画面
試練の道には強力打線
きら星 明け星 流れ星もいいが
いけいけ星は大リーガー

98 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 23:52:23.07 ID:gi9U1wiU.net

エマ「さっき近づいてきたのは…私により多くの毒針を食らわせるため…」

姫乃「避けたり毒針を食らわない位置で対処されたりしたら敵いませんので」

姫乃「至近距離で撃ったこともあり、時間の少なさからあなたは見事に対処を誤ってくれました」

姫乃「さて、では…」

シャキーン

姫乃「動けないところ申し訳ないですが…なるべく苦しまないように一刀で息の根を止めてあげます」

エマ「…姫乃ちゃん、私からも一ついいかな?」

姫乃「なんです?命乞いですか?」

エマ「さっきの口上、覚えてる?」

112 :名無しで叶える物語:2021/07/01(木) 00:42:17.31 ID:qFR3cEDu.net

ネコ?「おまかせにゃー」

グウウウウウン

愛「あ、エマっちのバットが大きくなってくよ」

グウウウウウウウウウウウウウン!

かすみ「ていうか…」

グウウウウウウウウウウウウウウウウウン!!

しずく「大きくなりすぎでは?」

璃奈「私の住んでるマンションくらいある…」

119 :名無しで叶える物語:2021/07/01(木) 01:16:33.01 ID:qFR3cEDu.net

姫乃「まずは一太刀!」

ザシュ!

🦒🦒🦒ストライク!🦒🦒🦒

エマ「くっ!」

姫乃「動きがにぶいですね!何気にさっきの毒が残ってるんじゃないですか!?」

エマ「…そんなこと、ないよっ!」ブンッ!

ヒュンッ

エマ「え?消えた?」

36 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 01:04:10.61 ID:gi9U1wiU.net

せつ菜「姫乃さん、今日は藤黄からお越しいただきありがとうございます」

姫乃「いえこちらこそ、本来ならば身内でのみ祝うところを呼んでいただいて、ありがとうございます」

姫乃「というより、本当に呼んでいただいてよろしかったのですか?」

せつ菜「もちろんです!姫乃さんとは一度がっつりとお話ししようと思ってましたから!」

姫乃「私と話…ですか?」

せつ菜「ええ、大好きを世界に広げる同志として姫乃さんの大好きをきかせていただきたいです!」

せつ菜「スクールアイドルへの大好き!果林さんへの大好き!そして、ラップへの大好きを!!」

81 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 22:57:58.86 ID:gi9U1wiU.net

🦒🦒🦒🦒🦒🦒🦒🦒🦒🦒

エマ「ふふふふ…」

姫乃「…何がおかしいんですか?」

エマ「適性はあると思ってたけど…」

エマ「まさか、ほとんど自力でこのステージにたどり着くとはね」

エマ「いつもいつも、本当に…本当に姫乃ちゃんは面白いよ」

姫乃「訳のわからないことをごちゃごちゃと!」

エマ「でもね…たどり着いただけじゃまだまだ」

エマ「高みには…まだまだ遠いんだよ?」

32 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 00:51:06.83 ID:gi9U1wiU.net

彼方「ふいー、彼方ちゃんとうちゃーく」

遥「お待たせしてすみません」

歩夢「はい彼方さんと遥ちゃんのコップだよ」

彼方「お〜、ありがと〜」

せつ菜「みなさん、お飲み物の用意はできましたか!?」

一同「はーい」

110 :名無しで叶える物語:2021/07/01(木) 00:37:52.76 ID:qFR3cEDu.net

『さあ!出てきました!ここが勝敗の分け目です!』

『虹ヶ咲学園4番、キャッチャー、エマ・ヴェルデ』

ワアアアアアアアア!

エマ「みんなー応援ありがとー!」

ネコ?「いけにゃー」

ネコ?「満塁にゃー」

ネコ?「見せ場だにゃー」

39 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 01:33:07.87 ID:gi9U1wiU.net

姫乃「いけない…このままでは果林さんがどうとかスイスがどうとかそういう問題ではない」

姫乃「綾小路姫乃というイメージ自体が、崩壊してしまいます!」

姫乃「今やるべきは殺気立つ闘争ではなく、勇気ある逃走!」

姫乃「………」

姫乃(待ってください、そういえば私…)

姫乃(なんか、踏んでません?言葉の端々で韻を)

姫乃(なんかもうバシバシと…)

姫乃「………あれ?」

姫乃「いやああああああああああ!」

19 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 00:11:53.44 ID:gi9U1wiU.net

〜6月29日〜
〜虹ヶ咲学園・廊下〜

姫乃「ついに、ついに!朝香果林生誕祭、当日…」

姫乃「すでにネット掲示板では私の立てた『ニジガクの誇るトップアイドル、朝香果林様生誕祭記念スレ』が大盛況です」

姫乃「どうも、果林さんをバカキャラに仕立て上げたい一派がいるらしいですが、そんな方々は私の華麗なレスでぐうの音もでないほどに叩きのめしてあげますよ」

姫乃「と、言ってるそばからまた!」

姫乃「はは!これまたテンプレオブテンプレな誹謗中傷!!そんな使い古された言葉で!この!綾小路姫乃と果林さんを打ち負かせるとでも!?」

93 :名無しで叶える物語:2021/06/30(水) 23:34:19.09 ID:gi9U1wiU.net

姫乃「吹き飛ばしたのはあなたですがね!」

エマ「おっと、あんまり盛り上がりすぎると止まらなくなっちゃうね、危ない危ない」

エマ「…でも、姫乃ちゃんと全力でバトルしてわかりあうんだもん盛り上がるのも仕方ないよね!」

姫乃「…普段にも増して言ってることとやってることが噛み合ってませんね」

姫乃「ええ、わかってましたよ…こんな程度で勝てる相手ではないと」

姫乃「ならば倒れるまで手を緩めるつもりはありません」

sanmarusanのエロ活

参考になったらSNSでシェアお願いします!

レスを投稿する(名前省略可)

この記事を読んだ方へのおすすめ

女性用風俗のエロエステマッサージ無料体験モニター募集中

最近のコメント

コメントはまだありません
すぐ逢える新出会い系 1週間ずーっと…無料使い放題!
新しい副業高収入バイト求人~自身で自由に決めれるお仕事マッチングサービス~