彼方「>>3してみない?」 エマ「>>5」

1 :名無しで叶える物語:2021/05/01(土) 12:55:33.17 ID:nYQGLbag.net
立ったら

280 :名無しで叶える物語:2021/05/24(月) 07:09:40.40 ID:Af/ljOZm.net

保守

215 :名無しで叶える物語:2021/05/12(水) 12:21:03.57 ID:KMmYMB4z.net

保守

188 :名無しで叶える物語:2021/05/08(土) 14:34:24.68 ID:PWXdF0dV.net

えっちだ…

86 :名無しで叶える物語:2021/05/04(火) 11:12:29.35 ID:BdYmq4mY.net

彼方「…お、お願い…早く、始めてっ」

彼方「彼方ちゃんのお尻…叩いてぇ」

見られたくないから。 早く終わってほしいから。 …エマちゃんに恥ずかしいおねだりをする。
それを聞いたエマちゃんは、にんまりと…目を細めて、笑った。 私の、知らない顔で。

エマ「…良いよ♡」

ゆっくりと振り上げられた手…それが、彼方ちゃんの丸出しになっているお尻に向けて…

エマ「…えいっ!」パチーン!

彼方「いっ!?」ビリビリ

勢い良く、振り下ろされた。

エマ「もう一回…えいっ!」バチーン!

彼方「っ〜!!」ビリビリビリ

甘かった…。 お尻ぺんぺんなんて、子供のお仕置きだって…。

服の上からだったら、衝撃も分散されたのかもしれないけど…むき出しになっちゃった彼方ちゃんのお尻を守るものは、何もなくて。

叩かれる度に、ジンジンとお尻が痺れていって。 赤くなっちゃっていくのが分かる。

なるほどぉ…これは、小っちゃい子が泣きながら謝るのもよく分かるよぉ…。

何より…いつ次に叩かれちゃうか、この格好じゃ分からないのが、怖いから。

…目をギュッと瞑って耐えてる間に、エマちゃんはどんどんお尻を叩いてきた。

エマ「…彼方ちゃん」スッ

彼方「ひゃっ…」ビクン

柔らかくて、暖かい手が、彼方ちゃんのお尻にぺたん、と触れて。

エマ「お尻…真っ赤になっちゃったね♡」

エマ「おサルさんみたいで、かわいい♡」ナデナデ

48 :名無しで叶える物語:2021/05/01(土) 16:44:06.43 ID:MYcU3nKg.net

はよ

336 :名無しで叶える物語:2021/06/11(金) 22:30:30.21 ID:Xa5zqUaz.net

おつ
待っててよかった

206 :名無しで叶える物語:2021/05/10(月) 22:20:38.19 ID:cf1z0rCX.net

生きる希望

308 :名無しで叶える物語:2021/06/05(土) 03:05:49.12 ID:gfURnd2M.net

保守

71 :名無しで叶える物語:2021/05/02(日) 17:59:57.86 ID:KzkPXooW.net

21 :名無しで叶える物語:2021/05/01(土) 13:26:57.61 ID:EdRFVykQ.net

バイトに行く

29 :名無しで叶える物語:2021/05/01(土) 13:57:16.23 ID:nYQGLbag.net

エマ「…なに?(低音)」

うっ…まだエマちゃんは生理中(暫定)みたいで、昨日と同じ冷たい視線と声で返してきて…。

彼方「あの…あ、その…」

すっかり仲直りできる気満々だった彼方ちゃんは、一瞬で意気消沈。 しどろもどろになってる彼方ちゃんを、エマちゃんはただジッと見てて…。

彼方「エマさま…昨日は、申し訳ございませんでしたぁ!!」フカブカ

勢い余って机にぶつかりそうにまでなるほど頭を下げる彼方ちゃんを見て、エマちゃんは…>>31

155 :名無しで叶える物語:2021/05/04(火) 19:39:15.35 ID:lqJKlF6A.net

えっろ

211 :名無しで叶える物語:2021/05/11(火) 14:08:56.59 ID:/4UE0LsB.net

伸びろ伸びろ

319 :名無しで叶える物語:2021/06/09(水) 22:58:17.36 ID:kPKrSKKZ.net

保守

324 :名無しで叶える物語:2021/06/11(金) 07:58:19.39 ID:XOp2gjVS.net

きたか

182 :名無しで叶える物語:2021/05/07(金) 20:05:35.75 ID:v5Rs+DY9.net

気づいてしまった今みんなの前でお仕置きされたらどうなってしまうんだ

335 :名無しで叶える物語:2021/06/11(金) 22:29:18.46 ID:6IXez/ZI.net

書き溜め分は以上になります

今日ももうちょっと早く来るつもりでしたが、仕事が長引いてしまって遅くなって申し訳ない…
量的にももうちょっとあると思ったのですが、いざ投下してみるとアッサリ無くなってしまいました

これ以上は続けても描写のレパートリーに限界が来てるため、一旦終了とさせて頂きます
安価出してた方がサクサク進められるため、またそのうち安価スレを立てると思いますので、その時はまたよろしくお願いします

長い期間お付き合い頂きありがとうございました!

94 :名無しで叶える物語:2021/05/04(火) 13:22:50.30 ID:BdYmq4mY.net

彼方ちゃんがこのままお尻を叩かれて絶頂おもらしするところまで考えたけど、自分でやると描写とかダラダラし過ぎて終わらないのでやっぱ安価出します

エマちゃんが気持ちよくしてあげる方法は?>>95

17 :名無しで叶える物語:2021/05/01(土) 13:23:59.38 ID:nYQGLbag.net

か、彼方ちゃん…間違えちゃった? なんで…? 遥ちゃんの処女だよ…?

グルグルと頭の中を、後悔と絶望が駆け回って…彼方ちゃんは、ずっとずーっと…その場にへたり込んだまま動けなくて…

彼方「…はっ」

気が付いたのは、もう下校時刻近く…。 えっ、なんでこんな時間まで誰も来てないの?とか、エマちゃんを怒らせちゃったままだよ、やばいよやばいよ…とか、色々なコトが浮かんでは消えていって…。

でも、ようやく意識を取り戻した今、するべきことは…!>>18

301 :名無しで叶える物語:2021/06/02(水) 07:40:49.82 ID:Sxt5doUL.net

保守

36 :名無しで叶える物語:2021/05/01(土) 14:31:32.33 ID:ilsgOKf3.net

エッッッッッ

107 :名無しで叶える物語:2021/05/04(火) 14:16:00.23 ID:B3zuHchf.net

いつものエマちゃんに戻る

191 :名無しで叶える物語:2021/05/09(日) 00:23:25.27 ID:oOJOxY+y.net

焦らすねぇ

5 :名無しで叶える物語:2021/05/01(土) 12:57:33.11 ID:6aHq8xD8.net

私と関わらないでください(低音)

240 :名無しで叶える物語:2021/05/18(火) 20:27:06.82 ID:MCF0pWj+.net

保守

134 :名無しで叶える物語:2021/05/04(火) 16:06:29.15 ID:k8emvJPe.net

うんちでちょっと不穏になったけど無事完結して良かった

254 :名無しで叶える物語:2021/05/21(金) 17:34:37.33 ID:tbSlH13w.net

ありがとう…!

13 :名無しで叶える物語:2021/05/01(土) 13:15:07.93 ID:wUlAz7ln.net

草ァ!

103 :名無しで叶える物語:2021/05/04(火) 14:09:20.75 ID:BdYmq4mY.net

彼方「…んっ…?」ギュルルル

最後までシてほしい…って、そう言おうとした矢先に…お腹の違和感。

彼方「えっ、えっ…」グルルルルルルル… 「うっ…やだっ、なんで…!」

すごく、イイところだったのに…! と、彼方ちゃんのものながら、お腹具合を恨んじゃって。

彼方「ま、まって…エマちゃん、ちょっと彼方ちゃん…!」

おトイレにって、言おうとしたんだけど…

エマ「…もう。 そんなに言いたくないの?」

エマ「なら…もう少し、限界まで…イこうね♡」

…間に、合わなかった。

275 :名無しで叶える物語:2021/05/22(土) 11:36:04.89 ID:e+zx4qBZ.net

着衣おしっこいいよね…

325 :名無しで叶える物語:2021/06/11(金) 17:23:09.57 ID:Ybr0YJdH.net

期待

180 :名無しで叶える物語:2021/05/07(金) 15:30:29.39 ID:38Jki31h.net

>>179
エマちゃんのを彼方ちゃんが嗅がされるのがいいです彼方ちゃんのをエマちゃんが嗅いじゃうのでも
なんにせよ気が向いたらでいいので、わざわざ聞いてくれてありがとう

232 :名無しで叶える物語:2021/05/16(日) 01:59:46.30 ID:WzBMYidG.net

みてるぞ

184 :名無しで叶える物語:2021/05/08(土) 06:31:24.71 ID:TUB/fSWe.net

期待

334 :名無しで叶える物語:2021/06/11(金) 22:27:15.15 ID:FX9577MO.net

乙です!
対策の詳細も気になるが……

296 :名無しで叶える物語:2021/05/31(月) 00:36:42.66 ID:HH9KzFDU.net

保守

109 :名無しで叶える物語:2021/05/04(火) 14:28:08.01 ID:BdYmq4mY.net

エマ「う、うんっ! がんばってね…!」ギュッ

しっかり握ってくれた手は、彼方ちゃんの恥ずかしいお汁でヌルヌルしてたけど…でも、暖かい。

エマ「ここからなら、中庭のおトイレが一番近いよね…!」

彼方「あぅぅ…」

遥ちゃんが居なかったから、手抜きだった朝ごはん…使いどころを無くした、賞味期限切れ1か月の生卵ジュースを思い出して…そんなのものを飲んだ彼方ちゃんの愚かさを恨みつつ、そろりそろりと手を引いてもらって。

もう、ちょっと…あと少しで、おトイレに…!

人としての尊厳を懸けた彼方ちゃんの歩みの末は…>>111

64 :名無しで叶える物語:2021/05/02(日) 17:24:47.75 ID:mkO09pxW.net

落ち着いたので投下していきます

200 :名無しで叶える物語:2021/05/10(月) 21:10:15.02 ID:W7PQJ0pO.net

彼方「ぁ…♡ ぅ…♡」ピク、ピク…

…快感の大きな波が過ぎ去った後も、その余韻で全然動けなくて。
でも…人生で一番スゴくて…多分、一番恥ずかしい経験をしちゃった彼方ちゃんは、動けたとしても…恥ずかしくてお顔を伏せることしか出来なかったと思う。

エマ「…とってもかわいかったよ、彼方ちゃん♡」ギュッ
彼方「ぁう…エマ、ちゃ…♡」フルッ

おしっこで濡れちゃうのも気にせず、ぐったりしたままの彼方ちゃんに被さるように…そっと体を重ねてくれるエマちゃん。
熱いのか寒いのか分からなくなっちゃった体に、ポカポカの体温がくっついて…すっごく気持ちいい。

エマ「ごめんね? ちょっとやりすぎちゃった…?」
彼方「らい、じょぶ…」

イき終わって、人並みの羞恥心が戻ってきちゃった彼方ちゃんは…気持ちよかったよ、なんて言えなくて。
でも、謝ってほしくもないから…まだ呂律の回らない口で、なんとかお返事。

331 :名無しで叶える物語:2021/06/11(金) 22:11:07.88 ID:6IXez/ZI.net

彼方「エマちゃん…分かるかなぁ? 今、おもらししちゃってるんだよ…♡」
彼方「私に跨ったままで、おもらしする時のお顔もじ〜って見つめられながら…制服も、彼方ちゃんも…みーんな汚しちゃってるんだよぉ…♡」
エマ「ふぁぁぁぁ…♡ いわ、ないでぇ…♡」
エマ「そんなこと、いわれても…とめられない、よぉ…♡」

彼方「いいよ、止めなくても大丈夫…♡ 見ててあげるから、そのまま全部おもらししちゃお〜♡」
エマ「あぁぁ…♡ おもらし…きもち、いい…♡」

そう呟くのが聞こえて…なんだか、開けちゃいけない扉をもうひとつ開いちゃったような気がしたけど…。
…まあ、いっかぁ♡

彼方「…ちっち、全部出たかなぁ〜?♡」

最後の最後まで、気持ち良さそうに出し切っちゃって…ぶるっと震えた時を見計らって、からかうように声を掛けた。
もうこの辺りまで来ると、解放感とか気持ち良さの余韻も終わって…お顔から火が出て、死んじゃうぐらいの恥ずかしさの時間♡

案の定、真っ赤になって俯いちゃうエマちゃん。 んふふ、可愛いぜ〜♡

彼方「あれあれ〜? エマちゃんは、お返事もできないちっちゃなお子さまだったのかなぁ〜?」

普段はしっかり者で、彼方ちゃんのお世話をしてくれてるエマちゃんが…自分で作っちゃった水溜りの上で、恥ずかしそうにしてて。
からかい過ぎかなぁ、と思いつつ…でも、可愛すぎて止められない。

エマ「…彼方ちゃんの、いじわる」

おっとと。 やっぱりちょっと、調子に乗りすぎちゃったみたい。

326 :名無しで叶える物語:2021/06/11(金) 21:48:02.11 ID:6IXez/ZI.net

エマ「…わたしも、おもらし…してみたい、かも…///」
彼方「へぇ〜…♡」

からかうつもりで言った事だったけど…エマちゃんがしてみたかったのは、まさかの…恥ずかしいおもらしで。

彼方「そっかそっかぁ…エマちゃんも、もうそんな歳じゃないのにおもらししちゃいたいんだねぇ…♡」
彼方「それじゃあ…よっこらしょ、っと」

ちょっと億劫だけど、頑張って体を起こす。
もう舐めるってわけじゃないし…なにより、エマちゃんの恥ずかしいお顔をきちんと見たかったから。

彼方「…えへへ、なんだか久しぶりにエマちゃんのお顔を見た気がするよぉ」
エマ「かなた、ちゃ…♡」

赤くなった頬と、トロンとした眼差し…まだ整い切ってない呼吸音が、小さく漏れてて…。
…すっごく、えっち。

304 :名無しで叶える物語:2021/06/03(木) 22:13:03.65 ID:g72FZ+2v.net

保守

80 :名無しで叶える物語:2021/05/02(日) 18:58:07.34 ID:M4/T1RSb.net

私もたまらん

3 :名無しで叶える物語:2021/05/01(土) 12:56:30.36 ID:EdRFVykQ.net

遥ちゃんの集団レイプ

30 :名無しで叶える物語:2021/05/01(土) 13:59:24.13 ID:wUlAz7ln.net

ゆるす

129 :名無しで叶える物語:2021/05/04(火) 15:36:38.28 ID:4Nc/DjGI.net

別に…

176 :名無しで叶える物語:2021/05/06(木) 22:55:18.27 ID:D7lfjSJv.net

フツーに抜けるな?

321 :名無しで叶える物語:2021/06/10(木) 23:58:20.40 ID:c3u/0dIq.net

保守

223 :名無しで叶える物語:2021/05/13(木) 23:15:52.16 ID:slDNuNgU.net

エマ「あっ…♡」「…////」カァァァ

声が漏れて、恥ずかしがって…さっきの彼方ちゃんを繰り返すみたいな、エマちゃんの反応。
当然だけど、初々しくて…もっと、聴きたくなる声。

彼方「彼方ちゃん…頑張って、ごほーしするから…」「エマちゃん、我慢しないで…ね?」
エマ「う、ん…っ」ピクンッ

そうは言っても、やっぱり恥ずかしいのかなぁ? 聞こえてくるのは、どこか押し殺したような声で。

エマ「ふっ、ぁあ…♡」モジモジ

ペロペロと、布越しに舐めてあげるだけで…敏感過ぎるって思うぐらいに、反応を返してくれる…。
彼方ちゃんで気持ちよく…は、さっきもなってくれてたけど。 それとは別に気持ちよくなってくれてるのが嬉しくて…。

彼方「…エマちゃんのここ、もうビチョビチョになっちゃってるねぇ」
エマ「んん…気持ちいい、けど…♡」

もどかしい…って。 続けてそう言われて、ドキッとした。
なんとなく…もっとエスカレートしてしまいそうで、直接するのは避けてた…けど。

288 :名無しで叶える物語:2021/05/28(金) 01:37:31.62 ID:2eb3f6cI.net

保守

70 :名無しで叶える物語:2021/05/02(日) 17:56:15.63 ID:mkO09pxW.net

彼方「えっ…つ、次…?」ビクッ

そんな…。 許してくれたんじゃなかったの? と、愕然としちゃって。

彼方「だって…舐めたら、許してくれるって…」

エマ「…違うよね?(低音)」

彼方「っ…」ビクッ

エマ「今のは、彼方ちゃんが舐めさせて下さい。ってお願いしたから聞いてあげただけ。 私が彼方ちゃんを許すかどうかは、また違うお話だよね?」

エマ「足が舐めたいだなんて。 彼方ちゃんったら…」スッ

言いながら、彼方ちゃんの耳元にお顔を近付けて…。

エマ「…彼方ちゃんの、変態さん♡」コソッ

彼方「ふ、ぁぁっ…」ゾクゾクッ

あの優しい声で、可愛い声で、耳元で囁かれて…頭から背中まで電気が走ったみたいに、ビリビリしちゃう。

エマ「…ふふっ、彼方ちゃん…かーわいい♡」

彼方「う、うぅ…」

恥ずかしい快感が駆け回っちゃった体を隠すようにする彼方ちゃんを見下ろして、エマちゃんが笑う。

9 :名無しで叶える物語:2021/05/01(土) 13:05:00.09 ID:nYQGLbag.net

彼方「ねぇねぇエマちゃぁん」

エマ「んー? なあに、彼方ちゃん?」

今日もお日様がポカポカして、気持ちの良いすやぴ日和。 たまたま部室でエマちゃんと二人きりだった彼方ちゃんは、膝枕をお願いしようと思って話しかけたんだけど…

ほんのちょっとした出来心で、先にエマちゃんに下ネタを吹っ掛けてみようと思ったんだぁ。

彼方「…遥ちゃんのさぁ、集団レイプしてみない?」ニチャア

エマ「…は?(低音)」

彼方「ヒッ…あ、いや、その…」

予想外の冷たい視線と、低い声に思わず体がビクッとなっちゃう彼方ちゃん。

エマ「…私と関わらないでください(低音)」

169 :名無しで叶える物語:2021/05/06(木) 21:31:56.54 ID:h7T09dz7.net

電気あんますき

198 :保守や感想ありがとうございます、1時間程度ですがやっていきます:2021/05/10(月) 21:00:10.07 ID:W7PQJ0pO.net

彼方「ぉっ、ぉねっ、がいっ♡ もっ、がまん♡ むり、だからぁ♡」ビクンビクン
彼方「イか、せてっ♡ イかせてぇっ♡」

意思と関係なしに、震えて、跳ねちゃう彼方ちゃんの体は…エマちゃんの足で気持ち良くなっちゃってます、って全身で表現しちゃってて。
もう、エマちゃんを煽る言葉遣いとか、声が外に漏れちゃうとか。 そんなことを考えてる余裕もない…必死のおねだり。

エマ「もうムリ?♡ ムリなの?♡ 彼方ちゃん♡」ガッガッガッガッガッ
彼方「むり、むりですっ♡ イかせてくださいぃっ♡」ブルブルブル

エマ「…良いよ♡ なら、かわいくおねだりしながら…気持ち良くなっちゃえ!♡」ガガガガガガ ガッ!!

彼方「ぅ♡ あぁっ♡ ん、にゃあああっっ♡♡♡♡」

お許しと一緒に、強く蹴られた瞬間…頭の中が真っ白になって。 何度も何度も、爆発したような快感が全身を駆け回って。
恥ずかしい声が漏れちゃう…けど、そんなことを意識する余裕なんてどこにもなくて。

彼方「と…まら…な…♡♡♡」
震えて、熱くなって。 無意識で力が入ってるはずなのに、力が抜けた感覚で…。
必死に我慢して、我慢して…ようやく解放された快感は、今まで考えてたこと全部、どこかに吹き飛しちゃって。 …ただただ、キモチイイって感覚に支配される。

…それでも、エマちゃんが笑ってくれてるのがわかる。 こんな恥ずかしいところを、見てくれてるのだけはわかる。
見てもらうのが、好きだから。 エマちゃんが、大好きだから。
だから、気持ち良くなってる時でも…何も分からなくなってる時でも…エマちゃんのことを見てる。
その方が…もっとずっとキモチイイから。

241 :名無しで叶える物語:2021/05/19(水) 00:52:52.00 ID:bM0EKjYf.net

保守

106 :名無しで叶える物語:2021/05/04(火) 14:15:57.50 ID:zJkeey62.net

ここで出して

318 :名無しで叶える物語:2021/06/09(水) 07:41:40.06 ID:HTdekd91.net

保守

246 :名無しで叶える物語:2021/05/20(木) 02:18:16.92 ID:SO4kvXVQ.net

駆け足で待ってる

186 :名無しで叶える物語:2021/05/08(土) 11:16:37.40 ID:dFNCdFlX.net

彼方「やぁっ…♡ だめ…はげしぃ、よぉ…♡」

大事なところを足で踏まれて…そのまま、ちょっとだけ乱暴に刺激を与えられてるだけなのに…
あっという間に、彼方ちゃんはトロトロにされちゃって…。

エマ「ねえ彼方ちゃん、どうなっちゃうの? そんなことされちゃったら…なあに?♡」ガッガッガッガッガ
彼方「かっ…かなた、ちゃ…またっ♡ きもち、よく、なっちゃうっ♡ から ぁっ♡」ビクンッ ビクンッ

恥ずかしくて気持ちいい刺激を、ずっとずっと…途切れないまま与えられて。
もうエマちゃんに完全に屈服しちゃった私は、そんな恥ずかしいことでも…普通に言っちゃって。

エマ「えぇー? おかしいなあ…♡ 私は、彼方ちゃんがまたおもらししちゃわないように、フタをしてあげてるだけなんだけど…♡」
エマ「…なんだか、また濡れてきちゃってるかな? …ねえ彼方ちゃん♡」
彼方「だってっ、エマちゃ、んっ♡ はげし、すぎるからぁ…!」「いっ、いっかい、いっかいだけとめてぇ…! ごめんなさいぃ…♡」

よじっても、足とか手をバタバタさせても、懇願しても…意地悪なエマちゃんが足を止めてくれることはなくって。
彼方ちゃんの必死なお願いを聞いて…にっこりしながら もっと、足に力を入れるのが分かっちゃった。

340 :名無しで叶える物語:2021/06/13(日) 21:32:16.75 ID:sGwmvVwY.net

これ読んでおもらしの良さに目覚めたわ
エタらず書ききってくれてありがとう

283 :名無しで叶える物語:2021/05/25(火) 22:50:15.03 ID:b0LHj6eM.net

保守

23 :名無しで叶える物語:2021/05/01(土) 13:35:29.09 ID:nYQGLbag.net

今するべきことは…。 するべきこと…。

いや…でも、明日になったらなんとかなる、かなぁ?

そらそうよ、としか言えないぐらい当然のことってあるよね?

お日様が東から昇るように、遥ちゃんの処女は彼方ちゃんのものなように…。

彼方ちゃんの頭が収まるべき場所はエマちゃんの膝枕の上なわけで。

今日は多分生理(かな?)で、プリプリ怒っちゃったエマちゃんも、明日になったらきっといつもの笑顔で「昨日はごめんね〜、結構重くてイライラしちゃって〜」なんて笑いかけてくれて…。

それで、今日みたいに二人っきりの部室で、彼方ちゃんはエマちゃんのお膝の上ですやすや寝息を立てて…エマちゃんは、優しく頭をなでなでしてくれるんだぁ…。

…うん、なんとかなるって気持ちが湧いてきたよぉ。

とりあえず明日、エマちゃんと会った時のためのイメージトレーニングをしておこうかなぁ。

なんて、さっきまでの気持ちが嘘のように晴れた彼方ちゃんは、1時間遅刻しちゃってるバイト先へと歩き出すのでした。

249 :名無しで叶える物語:2021/05/20(木) 23:58:06.90 ID:Hxf+tQeL.net

保守

42 :名無しで叶える物語:2021/05/01(土) 14:59:28.95 ID:nYQGLbag.net

ちょっと中断
Mな彼方ちゃんがイジメられるの好きなのでこの路線のまま進めます(安価は困った時以外なし)

247 :名無しで叶える物語:2021/05/20(木) 05:40:35.52 ID:xcHD4JHA.net

頼む…

100 :名無しで叶える物語:2021/05/04(火) 13:57:51.86 ID:1UJ0AUGo.net

ksk

298 :名無しで叶える物語:2021/05/31(月) 23:36:04.38 ID:fveiCGYV.net

保守

72 :名無しで叶える物語:2021/05/02(日) 18:05:41.91 ID:mkO09pxW.net

彼方「な、ならどうしたら…許して、くれるの?」

エマ「うーん…そうだなぁ」

可愛らしく、唇の下に人差し指をあてて考えるエマちゃん。

彼方「お願いだよぉ…。 エマちゃんの膝枕がなかったら、彼方ちゃん死んじゃう…」

それだけは絶対に嫌だから…恥ずかしいけど、縋るようにお願いしちゃう。

でも、それを見てエマちゃんはまた盛り上がっちゃってるみたいで…。

エマ「…じゃあ、分かったよ」

エマ「悪い事を言った彼方ちゃんが、お仕置きを受けたら許してあげる」

彼方「お、おしおき…?」

お仕置き…その響きに、不安になっちゃって。 指をつんつんさせながら、俯きがちにチラっとエマちゃんの顔を見て。

エマ「そう。 お仕置き…悪い子にするお仕置きって、何かわかるかな?」

彼方「あぅ…その…」

彼方「お、おしり…ペンペン、とか?」

エマ「…」ニコッ

エマ「えらいえらい。 正解だよ、彼方ちゃん」ナデナデ

55 :名無しで叶える物語:2021/05/01(土) 17:30:52.32 ID:R4U0QCVC.net

またラ板民の安価によって彼方ちゃんの性癖が歪められてしまうのか…

と思ってたらまさかのドSエマさんでびっくりですよ!!!!!続きが楽しみです!!!!!

268 :名無しで叶える物語:2021/05/22(土) 00:57:36.18 ID:Q/DPvQYM.net


待ってる

sanmarusanのエロ活

参考になったらSNSでシェアお願いします!

レスを投稿する(名前省略可)

この記事を読んだ方へのおすすめ

女性用風俗のエロエステマッサージ無料体験モニター募集中

最近のコメント

コメントはまだありません
すぐ逢える新出会い系 1週間ずーっと…無料使い放題!
新しい副業高収入バイト求人~自身で自由に決めれるお仕事マッチングサービス~