【SS】璃奈 「それでも、愛さんは生きてる。」

1 :名無しで叶える物語:2021/06/08(火) 23:51:47.61 ID:C7HPqK/S.net
代行

94 :名無しで叶える物語:2021/06/10(木) 19:49:38.30 ID:zm5axEE4.net

こわいねぇ…

90 :名無しで叶える物語:2021/06/10(木) 15:44:00.76 ID:FouTufpy.net

自発呼吸の有無だっけ
植物状態と脳死の違いって
あとは瞳孔の反応とか反射するかしないか

93 :名無しで叶える物語:2021/06/10(木) 19:48:38.91 ID:ejOHqisR.net

かすみ 「えっ、もしかして歩夢先輩、りな子の発明見てないんですか!?」

歩夢 「…っ」

かすみ 「すごいんですよ! もう“普通に”お話も出来るんです!」

しずく 「次は表情も自在に変えられるようになるんだよね。私、なんだか感動してきちゃって…」

かすみ 「ほら、歩夢先輩も行きましょうよ! 話したいこと、いっぱいありますよね?」

歩夢 「……私はいいよ。後で行くから」

かすみ 「むぅ…そうですか。じゃ先行こ、しず子」

果林 「…………。」

歩夢 「…ねぇ、私がおかしいのかな」

107 :名無しで叶える物語:2021/06/10(木) 20:11:21.36 ID:ejOHqisR.net

母 「でも、いつからかしら。…きっと、愛の言葉を聞いた時ね」

愛『…あ、ありがとうお母さん!』

母 「受け入れなくちゃいけない……そう思ってたのに。希望を持っちゃったのよ」

璃奈 「…っ」

母 「愛とお話するの、本当に楽しかった。二度と叶わないと思ってたから、本当に嬉しくて」

璃奈 「…………。」

璃奈は、記録装置のログを辿る。
そこに積み重なっていた、愛と、周りのみんなとの会話の記録。

侑『…ごめんなさい、愛ちゃん。私のせいで』

侑『…なんでそんな優しいこと言ってくれるの。いっそ、責めてくれれば……』

侑『…ごめんね……。ごめんね…ぇっ……!』

68 :名無しで叶える物語:2021/06/09(水) 22:24:29.20 ID:JUq7Jdl2.net

〜愛の家〜

璃奈 「……ここを…もうちょっと改良して…」

璃奈 「…うん、いい感じ……」

朝から愛の部屋にこもり、作業を続ける璃奈。
突然、璃奈の傍らにペットボトルのジュースが置かれる。

璃奈 「…?」

侑 「見ててもいい?」

璃奈 「…うん」

『…あっ、おはよー! ゆうゆ!』

侑 「えっ…!」

33 :名無しで叶える物語:2021/06/09(水) 00:52:51.75 ID:b/tokEn7.net

あの解脱した愛さんの顔文字から着想を得たのかな
つらいけど読めちゃうなぁ

>>23
普通につらくて笑えねえ…

34 :名無しで叶える物語:2021/06/09(水) 00:57:39.81 ID:JUq7Jdl2.net

父 「明日から、愛の体は呼吸器ごと私たちの家に移される。一度家に帰ってきて欲しいからね」

かすみ 「呼吸器ごと…?」

父 「そこで数日家族みんなで過ごしてから、臓器移植をすることになったんだ。だから今じゃなくても、愛の顔を見れるうちに、お別れの挨拶をしてやってくれ」

璃奈 「…………だ」

果林 「…璃奈?」

璃奈 「…嫌だ。愛さんは生きてる。臓器移植なんてダメ…!」

せつ菜 「璃奈さん……」

璃奈 「ほらっ、手だって暖かい。心臓も動いてる。自分の力で動いてるんだよ?」

果林 「璃奈、だからそれは呼吸器で」

11 :名無しで叶える物語:2021/06/09(水) 00:00:49.29 ID:JUq7Jdl2.net

璃奈 「私は、これを使おうと思って」

そう言って璃奈は、プラスチック製の腕輪のようなものを取り出して見せた。透けて見える中身は、半導体や回路で埋め尽くされている。

璃奈 「これをお客さんに着けてもらう」

しずく 「この腕輪を? プレゼントってこと?」

璃奈 「この腕輪は、着けてる人の興奮度を測定できる。お客さんの盛り上がりが、ステージの演出とリンクするようになっていて、みんなの興奮度が上がるほど、演出が豪華になっていく」

かすみ 「す、すっごいハイテク……」

璃奈 「これなら、みんなと心を繋げることが出来る。まだ試作品だから、これからいろいろ調整する」

しずく 「うん、すっごく素敵だと思うよ、璃奈さん」

23 :名無しで叶える物語:2021/06/09(水) 00:23:05.55 ID:gwLjseX5.net

あまりにもつらすぎるもんじゃ……

14 :名無しで叶える物語:2021/06/09(水) 00:07:07.20 ID:WYsMG8xj.net

AIさん…

24 :名無しで叶える物語:2021/06/09(水) 00:24:24.80 ID:JUq7Jdl2.net

しずく < そうですよね。私もです

かすみ < きっとすぐに帰ってきてくれますよ

果林 < そう信じましょう

エマ < 明日もみんなで病院行こうね

エマ < 果林ちゃんが唇もにゅもにゅし始めたから、私たちはそろそろ寝るね

果林 < 違うのよみんな

かすみ < かすみんも寝ます。みなさんも早く寝ないと、夜更かしはお肌の大敵ですよ!

彼方 < は〜い

果林 < 聞いて

せつ菜 < それではみなさん、おやすみなさい

璃奈 「…………。」

璃奈 「……愛さん」

ーーーーーー
ーーーー
ーー

51 :名無しで叶える物語:2021/06/09(水) 16:05:45.28 ID:o35mXwnC.net

あまりにもつらい展開だけど続きが楽しみ

連投規制についてだけど180秒以上間隔を空けて投下すれば基本的には防げるよ

102 :名無しで叶える物語:2021/06/10(木) 20:01:40.21 ID:ejOHqisR.net

侑 「…お願いっ……やめてよ…歩夢……」

璃奈 「侑さん…!」

侑 「…愛ちゃんと話せなくなったら、私は誰に謝ればいいのか、分からなくなる…っ…」

歩夢 「…謝る? どういうこと…」

侑 「……っ……愛ちゃんを殺したのは、私なんだ」

歩夢 「…………えっ」

侑 「あの事故の日……。本当は轢かれそうになったのは私だった。愛ちゃんが助けてくれたんだ」

侑 「私を助けたせいで、愛ちゃんは…っ……」

歩夢 「そんな…っ」

侑 「…謝ろうにも、全部手遅れで…!! 脳死になったって聞いた時は、もう私も死んで、向こうで愛ちゃんに謝るしかないって……」

76 :名無しで叶える物語:2021/06/09(水) 22:56:30.35 ID:6J4zaxA1.net

え、えぐー…

169 :名無しで叶える物語:2021/06/13(日) 18:13:45.00 ID:x5fQgqrD.net

>>168
>>129の梨子ちゃんのやつ

159 :名無しで叶える物語:2021/06/11(金) 23:06:23.58 ID:+id47VYv.net

果林姐さんと璃奈は仲直りしたのか…?

60 :名無しで叶える物語:2021/06/09(水) 22:01:40.52 ID:JUq7Jdl2.net

果林 「……璃奈ちゃん、認めたくないのは分かるわ。でも、こんなこと間違ってる」

璃奈 「だって、みんな愛さんが死んだって決め付けるから。こうすれば、みんな考え直して……」

果林 「こんなの見過ごせないわ。愛の体をオモチャみたいに扱って……!」

璃奈 「違う。私は愛さんのために…」

果林 「璃奈ッ!」

璃奈 「……っ」

果林 「こんなの、愛に対しての冒涜よ。今すぐやめなさい」

璃奈 「でもそしたら、愛さんの体が連れてかれちゃう!! まだ生きてるのに!!」

54 :名無しで叶える物語:2021/06/09(水) 21:45:40.08 ID:JUq7Jdl2.net

侑 「……はぁっ、……うぅっ……ぇっ……」

歩夢 「だ、大丈夫? やっぱり無理はしない方が」

侑 「ううん……無理してでも、行かなくちゃ……」

侑は歩夢に支えられながら、愛の家に向かっていた。
あと三日四日もすれば、愛の臓器移植が始まってしまう。そう歩夢から聞いた侑は、愛の顔が見られなくなる前に、顔を合わせに行くことにした。

だが、愛の家に近づくほど、足の震えが大きくなる。

彼方 「侑ちゃん……?」
エマ 「侑ちゃん!」

侑 「みんな……」

92 :名無しで叶える物語:2021/06/10(木) 19:47:34.39 ID:ejOHqisR.net

〜数日後〜

かすみ 「しず子〜! 今日も愛先輩のところ行きましょー!」

しずく 「うん。準備するからちょっと待ってて」

歩夢 「…………。」

かすみ 「…? どうしたんですか、歩夢先輩。そんな暗い顔したら、可愛い顔が台無しですよ! ま、かすみんほどじゃないですけど…」

歩夢 「…ねぇ、また愛ちゃんのところ行くの?」

しずく 「えぇ。お話したいこと、今日も沢山ありますから」

歩夢 「お話って…。愛ちゃんは返事も出来ないのに。こっちの言うことだって、聞こえてるかどうか…」

119 :名無しで叶える物語:2021/06/10(木) 20:37:34.47 ID:ejOHqisR.net

歩夢 「…あんなことをした私が言うのは変だよね。だけど……」

歩夢 「私たちは覚えてるでしょ? 愛ちゃんと過ごした日々も、愛ちゃんの優しさも」

侑 「……うん。そうだよね」

歩夢 「あっ、講義始まっちゃう。行こ、侑ちゃん」

侑 「うん! あ、その前に、ペン貸してくれない?」

歩夢 「いいけど……はい」

侑 「…ありがと」

侑 「……これでよしっ。行こ?」

私は、脳死後及び心臓が停止した死後のいずれでも、移植の為に臓器を提供します。

ーー

148 :名無しで叶える物語:2021/06/11(金) 19:54:03.94 ID:WD/SR0Cf.net

たまにいるよね、こういう本当に空気読めないやつー

18 :名無しで叶える物語:2021/06/09(水) 00:14:00.82 ID:GFw8YAl1.net

AI-3

62 :名無しで叶える物語:2021/06/09(水) 22:07:06.86 ID:JUq7Jdl2.net

歩夢 「何言ってるんですか。こんなこと、普通に考えて許されるわけ……」

歩夢は反論しようとしたが、母の表情を見て固まる。愛の母は、微笑みながら、涙を流していた。

果林 「……行きましょ。エマ、彼方」

エマ 「果林ちゃん……。このままでいいの?」

果林 「いいも何も、それを決めるのは愛のお母さんよ」

彼方 「そうだけど…っ」

果林 「話し合っても分かり合えそうにはないわ。それに、愛の前で言い争いなんてしたくないもの」

エマ 「……うん、そうだね」

28 :名無しで叶える物語:2021/06/09(水) 00:38:08.55 ID:JUq7Jdl2.net

璃奈 「あっ、私の携帯。ちょっとごめん」

璃奈 「……はい。…………あっ、…はい……」

璃奈 「…! はい、ありがとうございます。すぐにいきます」

ピッ

璃奈 「愛さんのお父さんからだった」

歩夢 「てことは、もしかして…!」

璃奈 「うん、手術が終わったって」

ーーーーーー
ーーーー
ーー

167 :名無しで叶える物語:2021/06/13(日) 07:44:41.69 ID:rwJ67CBk.net

千歌ちゃんの葬式のやつを書いた人なのか。あれも専門的なところの描写も細かくてすごく引き込まれたけど、>>1の職業が気になるw

166 :名無しで叶える物語:2021/06/12(土) 12:37:00.87 ID:z1Ow9q9j.net

>>165
歩夢ちゃんの言ってた通り、目を覚ますんじゃないかなと
2人とも内心、現実から目を逸らしていたってのは分かってるとは思う

139 :名無しで叶える物語:2021/06/10(木) 23:37:03.35 ID:1LyNW07n.net

乙乙
オイルでアイセンサーがかすんじゃったよ、愛だけに

157 :名無しで叶える物語:2021/06/11(金) 22:20:57.76 ID:m6oSYwfN.net

現実逃避したくなるくらい辛くなるからな本当に

でも >>156 の言う通り、心に残ってる証拠だ

42 :名無しで叶える物語:2021/06/09(水) 01:21:23.60 ID:P0DcEzrG.net

璃奈ちゃんボード『期待』

44 :名無しで叶える物語:2021/06/09(水) 01:24:16.40 ID:CsoulsG1.net

😭

117 :名無しで叶える物語:2021/06/10(木) 20:33:28.55 ID:XnSk5WJM.net

切ない…

31 :名無しで叶える物語:2021/06/09(水) 00:47:58.91 ID:JUq7Jdl2.net

璃奈 「……絶対?」

母 「…私も訳が分からないわ。こんなに綺麗な体してるのよ? 死んでるだなんて……っ…そんなこと…」

父 「…あんまり無理するな。もういいから」

父 「……受け入れられないよね。私達も同じだ」

エマ 「…………。」

父 「みんな、愛に最後のお別れをしてあげてくれないか」

彼方 「…っ! 最後って……!」

父 「…さっき、医者と相談して決めたんだ。近いうちに、愛の体から臓器を移植することになった」

歩夢 「臓器移植って……。それじゃあもう…」

父 「脳死の状態なら、心臓の移植ができるらしい。それで救われる人がきっといるはずだ。多分、愛にとってもそれが一番の選択なんだよ」

67 :名無しで叶える物語:2021/06/09(水) 22:20:39.57 ID:JUq7Jdl2.net

歩夢 「実はね、侑ちゃん、今日も愛ちゃんの家に行ってるの。一人で」

果林 「えっ…一人で?」

歩夢 「昨日まで、一人じゃ外にすら出られない状態だったのに。……どうしてっ、絶対変なのに…」

歩夢 「あんなこと、許されるわけないのに…っ…」

果林 「歩夢……」

歩夢 「こんなの絶対……間違ってるよ…っ…」

ーーーーーー
ーーーー
ーー

163 :名無しで叶える物語:2021/06/12(土) 01:25:10.81 ID:ZIkb8TZt.net

歩夢と果林の動きが解釈一致すぎる

111 :名無しで叶える物語:2021/06/10(木) 20:21:12.11 ID:ejOHqisR.net

果林『……っ……。今まで、出来るだけ触れないようにしてたのにっ……! 何するのよ…!』

果林『なんで…っ…こんなに暖かいのよっ…!!』

エマ『果林ちゃん……』

果林『愛……愛ぃっ……ぁぁ…っ……!!』

璃奈(……もしかして、みんな私のせいで)

璃奈(私のワガママのせいで、受け入れたはずの果林ちゃんも、お母さんも……)

母 「今度、あの子……侑ちゃんにもちゃんと伝えなきゃね」

璃奈 「えっ?」

母 「私たちは侑ちゃんのこと、恨んでなんかないって」

30 :名無しで叶える物語:2021/06/09(水) 00:44:48.05 ID:JUq7Jdl2.net

隣にいた父親も、随分とやつれた様子だった。おそらく昨日から、ずっとこの病院にいたのだろう。

せつ菜 「あっ、愛さんのお母さん。申し訳ありません、うるさくしてしまって」

彼方 「あの、今なんて……? 私の聞き間違いならいいんですけど、さっき…」

母 「……脳死、なんだって」

果林 「っ…!!!」

璃奈 「のうし……?」

母 「体は生きてても、脳が機能してない状態のことを言うのよ」

璃奈 「……それって、どうすれば治るんですか」

母 「…治らないわ。植物状態ならまだしも、脳死になったら、回復することは絶対にない」

122 :名無しで叶える物語:2021/06/10(木) 20:48:58.00 ID:wMW/GCll.net

あの……?
愛「ドッキリでしたー!w」の一行が抜けてるんすけど……?
え……?

あまりにもつらすぎるにゃ……

56 :名無しで叶える物語:2021/06/09(水) 21:51:41.47 ID:JUq7Jdl2.net

〜愛の家〜

エマ 「お友達が先に来てる、ってお母さんが言ってたけど」

彼方 「1年生のみんなも来てたのかな?」

歩夢 「この部屋だね。……おじゃましま……す……?」

愛が居るという部屋に入った5人の前にあったのは、想像もしていなかった光景だった。
呼吸器だけでなく、明らかに治療とは関係のなさそうな、鉄製の機械が隅々に張り巡らされた愛の体が、椅子に座っていた。

腕に沿うように設置された鉄の支柱、頭に数枚貼られたパッドから、何十本もケーブルが伸びている。それは一つの大きな装置に集約されていた。

エマ 「璃奈……ちゃん?」

その装置の前に、璃奈が立っていた。じっと愛の顔を見つめていた璃奈は、部屋に入ってきた5人に気付くと、気まずそうにうつむく。

134 :名無しで叶える物語:2021/06/10(木) 21:43:45.56 ID:7F7My/Rh.net


良かった

17 :名無しで叶える物語:2021/06/09(水) 00:11:25.94 ID:JUq7Jdl2.net

父 「信号無視の車に、突っ込まれたみたいなんだ。飲酒だったのか、居眠りだったのか……運転手は即死だったみたいだから、何も分からないけど」

歩夢 「そんな……」

その時、集中治療室から医者が一人出てきた。

母 「…っ! 先生っ!! 愛は、愛は……っ……!?」

医者 「…落ち着いて聞いてください。極めて深刻な状況です」

母 「…っ…………」

医者 「今も尚意識不明の重体です。回復の見込みは、はっきり言って絶望的かと……」

父 「……愛……っ……」

医者 「ですが、現場に唯一居合わせた彼女が、すぐに通報しなかったら、そもそも手の施しようがなかったと思われます」

72 :名無しで叶える物語:2021/06/09(水) 22:39:35.10 ID:JUq7Jdl2.net

歩夢 「嫌っ!! 触らないでっ!!」

侑 「えっ……」

歩夢 「…怖いよ。今の侑ちゃん、怖いよ……っ!」

侑 「…違うっ、歩夢が分かろうとしてないだけだよ! お母さんだって感動してた! だから…!」

歩夢 「やめてっ!!!」

歩夢 「…私もう、あの部屋には行きたくないっ!」

侑 「ま、待って! …………歩夢……」

璃奈 「…いいよ、侑さん。いつか分かってくれる」

侑 「…………うん、そう…だよね……」

侑 「……私は…間違ってない…っ……」

ーーーーーー
ーーーー
ーー

38 :名無しで叶える物語:2021/06/09(水) 01:08:50.26 ID:JUq7Jdl2.net

璃奈(私は何度も救われた。愛さんの笑顔に、声に、優しさに……っ!)

璃奈(……もう会えない? 嘘だ…嘘だ嘘だ嘘だ)

璃奈 「あぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!」

璃奈(嫌だ。そんなの嫌だ……っ)

璃奈 「あっ…!」

ドサッ……

璃奈(……転んだ。痛い)

103 :名無しで叶える物語:2021/06/10(木) 20:03:56.55 ID:ejOHqisR.net

侑 「そう思ってた時だった。愛ちゃんが笑ったんだよ。それに、いつもみたいにダジャレも言ってる姿を見て……」

侑 「私、やっと愛ちゃんに、ちゃんと謝れたんだ。……毎日ここに来てた。毎日愛ちゃんに向かって、謝り続けた」

侑 「だから…っ……愛ちゃんを失うわけにはいかないんだよ。愛ちゃんが本当にいなくなったら私、誰に謝ればいいのっ…!?」

歩夢 「侑ちゃん……」

侑 「……ごめんねっ、璃奈ちゃん。全部私のせいだったんだ」

璃奈 「………………いい。知ってたから」

侑 「……知っ、てた?」

璃奈 「…実はこの音声装置、記録機能がある。会話の内容を記録して、学習し続けることで会話の質が上がる」

侑 「…てことは」

123 :名無しで叶える物語:2021/06/10(木) 20:53:41.45 ID:RmhM4FYY.net

やはり裏があったか…
果林姐さん…天王寺ちゃんから真実を聞かされたらどう思ったかな

49 :名無しで叶える物語:2021/06/09(水) 04:23:58.94 ID:SkZ57VqV.net

めっちゃ良いところで…!
こういうシリアスなの好きなので続き期待しています

152 :名無しで叶える物語:2021/06/11(金) 20:52:07.55 ID:NSjB+bj7.net

まあでも死ネタはメンバーが本人役で演じてるドラマと思って見ると気が楽だったりはする
それにしてもかなり昔に読んだ「穂乃果が病気で…」といい最近読んだ「歩夢が海で…」といい
死ネタSSってなんでこうも名作揃いなんだろうな

112 :名無しで叶える物語:2021/06/10(木) 20:24:41.25 ID:LRinpMwN.net

愛さんもう脳ミソとろとろになってそう

77 :名無しで叶える物語:2021/06/09(水) 22:59:33.02 ID:7B6w+zmQ.net

愛さんの眠る家

121 :名無しで叶える物語:2021/06/10(木) 20:40:46.65 ID:XnSk5WJM.net

乙でした
泣いてしまいました

138 :名無しで叶える物語:2021/06/10(木) 22:45:55.31 ID:RU8XLZiz.net

ABでは思わんかったけど青ブタ読んだらつけちゃったチョロオタクです

97 :名無しで叶える物語:2021/06/10(木) 19:52:29.99 ID:ejOHqisR.net

〜〜〜♪

ピッ

璃奈 「…はい、璃奈です。……えっ、故障、ですか。はい、じゃあ今から行きます」

侑 「電話? 誰から?」

璃奈 「愛さんのお母さんから。機械が故障して、会話が出来なくなったって」

侑 「嘘、大変! 今すぐ行かなきゃ!」

璃奈 「うん。でもすぐに直せると思うから、大丈夫」

ーーーーーー
ーーーー
ーー

26 :名無しで叶える物語:2021/06/09(水) 00:31:20.35 ID:JUq7Jdl2.net

かすみ 「ていうか、やらなきゃダメです! どんなことがあっても、みんなに笑顔を届けるのが、アイドルとしての使命なんです!」

彼方 「うん、そうだよね……。彼方ちゃんも、応援してくれるみんなをガッカリさせたくないよ」

果林 「かすみちゃんの気持ちも分かるわ。私だってライブはしたい。けど…」

かすみ 「けど、なんですか? ライブを中止になんてしたら、愛先輩が悲しみますよ!」

果林 「じゃあ聞くけど、かすみちゃんはこの状況で、納得のいくライブが出来る?」

かすみ 「そ、それは…っ」

エマ 「…私も、ちょっと不安かな。この気持ちのまま、いつもみたいな笑顔でみんなの前には立てそうにないよ……」

せつ菜 「ですがだからこそ、ライブをするべきではないでしょうか。そんな不安な気持ちを、私たちが吹き飛ばすんです!」

79 :名無しで叶える物語:2021/06/10(木) 00:24:12.99 ID:lKquyrtO.net

>>77
ようやく思い出したわ

154 :名無しで叶える物語:2021/06/11(金) 21:36:13.36 ID:0L42DPbz.net

悲しい気持ちを和らげようと軽い気持ちで書きましたが今見返すとあまりにも無神経すぎました
本当に申し訳ありませんでした
もう二度とやりません

156 :名無しで叶える物語:2021/06/11(金) 21:56:15.32 ID:ZTvQX0xG.net

あまりにも辛すぎるもんじゃ…って気持ちから逃れたかったのは分からんでもない
茶化されたと思う方の気持ちも分からんでもない
それだけ心に居場所を作る作品だったってことやな

ζ㎗Ō ᴗ Ōリ みんなこのSSを愛してるんだよ 愛だけに

29 :名無しで叶える物語:2021/06/09(水) 00:41:29.71 ID:JUq7Jdl2.net

〜病室〜

璃奈 「愛さん……っ!!」ガララッ!!

病室に駆け込む同好会メンバー。目の前にいたのは、間違いなく、宮下愛本人だった。
事故で大きく損傷したのだろう。縫合跡を隠すために、頭には包帯が何重にも巻かれている。

そんな愛の体は、呼吸器に繋がれ、ベッドの上で横たわっていた。

果林 「愛っ!! 聞こえる? みんなで来たわよ!」

歩夢 「愛ちゃん!!!」

璃奈 「……寝て、る?」

何回呼びかけても反応がなかった。
眉のひとつも、ピクリとすら動かない。

母 「……なんだって」

先に病室にいた母親が、ボソッと呟いた。

153 :名無しで叶える物語:2021/06/11(金) 21:13:12.58 ID:tYz5Vp/P.net

恋空とかオススメ😁

118 :名無しで叶える物語:2021/06/10(木) 20:34:16.84 ID:ejOHqisR.net

〜3年後〜

1. 私は、脳死後及び心臓が停止した死後のいずれでも、移植の為に臓器を提供します。

侑 「…免許証のこの書き方を見るとさ、やっぱり世間的には、脳死と普通の死は同じなのかな」

歩夢 「……どうなんだろうね」

侑 「…愛ちゃんが亡くなったのは、いつだったんだろうね」

歩夢 「いつ…?」

侑 「脳死っ診断された時か、璃奈ちゃんが機械を外した時か、臓器を移植した時か……」

歩夢 「…まだ生きてるよ」

侑 「歩夢?」

65 :名無しで叶える物語:2021/06/09(水) 22:14:57.91 ID:JUq7Jdl2.net

歩夢 「…うん。今すぐ辞めさせるべきだよね」

せつ菜 「愛さんのご両親はなんと?」

エマ 「それが、お母さんの反応も変だったんだよね」

彼方 「…そうだよね。自分の娘の体をあんな風にされてるのに、それを許してるなんて、妙と言うか」

かすみ 「……あの、愛先輩って、本当に亡くなったんですか」

エマ 「…どういうこと?」

かすみ 「正直、かすみんだって信じられません。愛先輩が……もう、助からないって」

果林 「病室で愛の状態を見たでしょ?」

かすみ 「だからこそ、信じられないんです! あんなに綺麗な状態で……まるで眠ってるだけみたいで。それで“死んでる”なんて、かすみんにはとても思えません……」

37 :名無しで叶える物語:2021/06/09(水) 01:05:14.03 ID:JUq7Jdl2.net

璃奈 「っ……! 嫌だぁぁぁぁぁッ!!!」

歩夢 「璃奈ちゃんっ!! 待って!」

どうしようにもない事実を振り払うかのように、無我夢中で走った。どこに向かって走っているのかさえ分からない。ただただ、遠くへ。

璃奈 「はぁ……っ……はぁ…っ…! 嘘だ…っ…!」

璃奈 「愛さん…っ!! 愛さん…っ!!」

愛『どーしたのっ?』

愛 『怖くないよー。なんかキミ、元気なさそうだったからさー』

璃奈 「うぅっ……ひぐっ…あぁ…っ!!」

初めて会った時、掛けてくれた優しい言葉。
見せてくれた、優しい笑顔。
握ってくれた、暖かい手。

160 :名無しで叶える物語:2021/06/11(金) 23:10:26.25 ID:8YPMsMac.net

良作

98 :名無しで叶える物語:2021/06/10(木) 19:53:48.98 ID:ejOHqisR.net

〜愛の家〜

母 「ごめんねぇ、わざわざ呼び出しちゃって」

璃奈 「いえ。おじゃまします」

母 「あ、お友達が1人、先に来てるわよ」

侑 「…? 誰だろう」

二人が部屋に入ると、母の言っていた“お友達”が、既に愛の横に立っていた。

侑 「……歩夢?」

歩夢 「…あぁ、来ちゃったんだ。タイミング悪いなぁ」

璃奈 「……何、そのハサミ」

6 :名無しで叶える物語:2021/06/08(火) 23:57:21.30 ID:191ls5Hh.net

侑 「じゃあ、買ってくるものはこれで全部かな?」

メモ用紙を片手に、侑は同好会のみんなに確認をとる。文化祭での個人ライブを控えたメンバーは、それぞれの準備に追われていた。そこで侑が、買い出し係を買ってでた。

愛 「まぁ、伝え忘れがあったら、買い出し中でも連絡してもらえばいいじゃん」

侑 「そうだね。愛ちゃんごめんね、自分の準備もあるのに、買い出し手伝ってくれて」

愛 「全然! 気にしないの。それに9人分の荷物なんて持たせたら、ゆうゆ潰れちゃいそうだもん」

侑 「あはは……否定できない」

璃奈 「あっ…ごめん。私のやつがたぶん一番重い」

129 :名無しで叶える物語:2021/06/10(木) 21:05:18.55 ID:4SWuri3/.net

連投規制のため、ID変わってますが >>1 です

お付き合いいただき、ありがとうございました

過去作もぜひ、よろしくお願いします

梨子 「後悔を葬る7つのステップ」
https://itest.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1588073418/l50

しずく 「ファーストキスを」 彼方 「何度でも」
https://itest.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1594812063/

100 :名無しで叶える物語:2021/06/10(木) 19:57:48.13 ID:ejOHqisR.net

侑 「やめてよ歩夢! 愛ちゃんが本当に死んじゃうっ!!」

璃奈 「ひ、人殺し…っ…!」

歩夢 「人殺し…? おかしなこと言わないでよ。愛ちゃんはもう死んでるんだよ!」

璃奈 「違う、愛さんは生きてる!!」

歩夢 「……じゃあ、愛ちゃんは笑えるの? 話せるの? 手を動かせるの?」

璃奈 「そう出来るようにした! でも、今は故障中で…」

歩夢 「……生きてる人は、自分の力で出来るよ。機械の力なんて使わなくても、笑えるんだよ」

侑 「歩夢っ…」

歩夢 「…侑ちゃん。目、覚まさせてあげるからね」

歩夢が、ハサミに力を込める。

114 :名無しで叶える物語:2021/06/10(木) 20:28:03.08 ID:ejOHqisR.net

璃奈 「……ごめんなさい」

母 「いいのよ。それがきっと、愛の望みだから」

璃奈 「……愛さん。さよなら……っ……」

涙が溢れ出て、震える璃奈の体。
つい手を滑らせ、持っていた機械を落としてしまう。

璃奈 「あっ……」

ガシャァァンッ!!

けたたましい音を上げ、もう一つの機械と落とした機械がぶつかる。
プラスチックのカバーや、ガラス、基盤が、部屋に砕け散る。

……もう、修復は困難だろう。

璃奈 「ご、ごめんなさい。散らかして……。すぐに拾います……」

『りなりー、お疲れ様』

104 :名無しで叶える物語:2021/06/10(木) 20:06:36.10 ID:ejOHqisR.net

璃奈 「全部知ってた。侑さんが、毎日愛さんに会いに来てくれて、謝ってたことも」

璃奈 「…愛さんに、かばわれたことも」

侑 「…そんな。知ってて、私と一緒に居たの?」

侑 「なんで…っ…! 恨んでるでしょ? 憎いでしょ!? 私のせいなんだよっ!?」

救急車のサイレンの音が、徐々に近付いてくる。その音だけが、しばらく部屋に響く。

璃奈 「……いい。愛さんも、嬉しそうだったから。また、侑さんが笑ってくれて」

侑 「……っ……璃奈ちゃん…っ…」

その場で泣き崩れた侑は、歩夢と一緒に救急車で運ばれて行った。床にこびり付いた血を拭き取るため、愛の母がタオルを持って部屋にやってくる。

132 :名無しで叶える物語:2021/06/10(木) 21:30:38.65 ID:Y0JW7fPy.net

ピアノ弾けなくなったのかな

53 :名無しで叶える物語:2021/06/09(水) 21:42:51.05 ID:JUq7Jdl2.net

果林 「璃奈ちゃんに至っては、学校にすら来てないみたい。連絡しても既読もつかないし、本当に大丈夫かしら」

エマ 「歩夢ちゃんは?」

果林 「侑につきっきりよ。時々急に泣き出したり、暴れたり、まだ不安定みたい」

彼方 「……このまま、バラバラになっちゃうのかな。同好会」

果林 「バラバラになんてさせないわ。愛だって、そんなこと望んでないはずよ」

彼方 「うん……そうだよね」

エマ 「ねぇ、今日帰り、愛ちゃんち寄ってこうよ」

果林 「……そうね。そろそろ、最後の日でしょうし」

彼方 「最後の日……」

25 :名無しで叶える物語:2021/06/09(水) 00:27:33.91 ID:JUq7Jdl2.net

〜翌日 部室〜

歩夢 「みんな集まったね」

せつ菜 「侑さんは?」

歩夢 「まだ無理そう。何回電話しても、ベランダから呼びかけても、返事が無くって」

果林 「愛や侑のことは心配だけど、私たちはまず、決めなくちゃいけないことを相談しましょ」

しずく 「ライブをやるか、中止にするか……ですね」

エマ 「文化祭は1ヶ月後。愛ちゃんの手術が間に合っても、出演は厳しいよね……」

せつ菜 「私たちで結論を出すしかありませんね。メンバーが1人欠けた状態で、ライブをするのか」

かすみ 「やるべきですよ、ライブ!」

しずく 「かすみさん……」

sanmarusanのエロ活

参考になったらSNSでシェアお願いします!

レスを投稿する(名前省略可)

この記事を読んだ方へのおすすめ

女性用風俗のエロエステマッサージ無料体験モニター募集中

最近のコメント

コメントはまだありません
すぐ逢える新出会い系 1週間ずーっと…無料使い放題!
新しい副業高収入バイト求人~自身で自由に決めれるお仕事マッチングサービス~